aiを使う婚活の良し悪しを考えよう

婚活では結婚を前提にして付き合えるパートナーを探し出し、交際をして納得の上で結婚することを目指すでしょう。様々な方法で候補となるパートナーを探すことができますが、最近ではaiを活用する方法も登場してきました。

従来の方法と比べてどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。特徴を比較して自分に合っているかを考えてみましょう。

昔からある婚活の方法をおさらいしよう

aiを活用する婚活の現状を確認する前に、従来型の婚活についてまずは簡単におさらいしておきましょう。婚活をするときには出会いの場を見つけなければなりません。昔から様々な手段で出会いが求められてきました。知人を頼って紹介してもらう、両親や上司などに依頼してお見合いの場を設けてもらうといった方法が典型的なもので、今でもよく行われている婚活の手段です。

知人に紹介してもらうときには合コンをしたり、グループ旅行に行ったりといった形で様々な手段が選ばれています。その活動を通して互いによく理解し合い、交際をするのに適しているかどうかを確認するのが通例です。お見合いの場合にもその日にはゆっくりと話をする時間を設けて、これから結婚を前提に付き合うかどうかを判断します。

一方で、知人などに紹介してもらう以外にも結婚相談所を使う方法もあります。結婚を前提にしてパートナーを探している人と巡り会える機会が増えるという点で優れている婚活のアプローチでしょう。このような方法に加えて、もっと出会いの場を広げる試みも行われるようになってきました。

地域のサークル活動や料理教室、フィットネスジムなどに通って出会いを求める人もいます。しかし、婚活している人と巡り会える可能性はあまり高くはないでしょう。最近では婚活に関わるイベントがよく行われるようになり、婚活ツアーと称して出会いを求めている人だけが参加するツアーが催行されることも増えています。

また、主要都市では婚活パーティーや街コンも頻繁に開催されるようになりました。自分の好みに合った婚活イベントに参加すると、同じような考え方を持っている人に出会いやすいというメリットがあります。頻繁に婚活イベントに参加してパートナー探しをする人も増えてきているのが現状です。

aiを活用する婚活とは

このように様々な婚活方法がある中で、近年のトレンドであるaiを用いる婚活も広まってきました。人工知能を婚活でどのように活用するのかと疑問に思う人もいるかもしれません。現状として最もよく用いられているのがマッチングです。

その仕組みは大まかには次のようになっています。まず、結婚相談所のように会員として登録すると、婚活をしている人のデータベースに情報が掲載されます。そして、他の会員の情報と照らし合わせて、性格や趣味、年齢などの様々な観点からきっと合うだろうと考えられる候補者をリストアップしてくれるのです。

このマッチングの作業を人が行うのではなく、aiによって自動的に行う仕組みになっています。人がマッチングを行うと必ずその人の見方によるバイアスがかかってしまいますが、aiで行えば客観的な視点からのマッチングが可能です。

aiのアルゴリズムによって誰と合うと判断されるかにも違いが生じますが、だんだんとアルゴリズムも成熟してきて高いマッチング率を誇っているケースも増えてきました。出会いの新しい方法として考慮してみると良いのがaiによるマッチングなのです。

アプリも結婚相談所も活用可能

aiによってマッチングしてもらう方法は簡便さが最大のメリットです。登録さえしてしまえば定期的にマッチングした結果を送ってもらえるというシステムが多く、その中で興味のある人がいたら打診してみるという形で婚活を行えます。

活用範囲が広がっていて、ウェブベースで利用できるシステムだけでなく、アプリで利用できるものも多くなりました。昔からある結婚相談所でも取り入れるようになり、会員登録するとメールなどでマッチング結果を教えてくれる場合もあります。

結婚相談所の場合あくまで結婚相談所側が誰を紹介するかを考えるときにaiを活用しているだけのこともあり、メールなどでの配信はないこともあるでしょう。アプリの場合にはパートナーとして良さそうな人が見つかったら気軽にメッセージを送れるのがメリットです。

しかし、メール程度までで終わってしまうことも多く、実際に会って話をするまでには至らないケースが目立ちます。一方、結婚相談所の場合には自分から直接パートナーの候補に連絡を取ることはできないのが通例ですが、興味を持ったと話をすれば比較的高い確率で会える機会を設けてもらえるのがメリットです。

aiのお陰でマッチングの精度も向上し、利用者も増えてきています。

(アラサーにおススメの婚活方法5選)

デメリットになり得るポイントとは

aiが登場したことで婚活が簡単になったのは良いことですが、デメリットになる部分もあります。aiを活用して婚活をするにはシステムに個人情報を載せなければなりません。個人情報の取り扱いについてトラブルが発生するリスクが高まっているのがデメリットでしょう。

また、業者によってaiのアルゴリズムが異なるため、たまたま自分には合わないアルゴリズムになっていてマッチングがうまくいかないこともあります。いくつもの業者に登録して本当に良い人に巡り会おうとすると意外に手間がかかるかもしれません。

また、アプリの場合にはメッセージやメールのやり取りが多い割には実際に会える人が少ないのもデメリットになり得るポイントでしょう。このような問題も抱えていることを念頭に置いた上で利用するかどうかを考えるのが大切です。

(どれが適しているかを知っておこう!オススメの婚活アプリ)

こんなときには活用しよう

婚活イベントに行っても波長が合う人が見つからないといった人はaiによるマッチングを受けてみる価値があります。なかなか理想的な人に出会えないときには探し方を変えてみるのが大切だからです。実は婚活イベントには参加しないような人の方が自分に合っていることもあるでしょう。

アプリや結婚相談所を使ってみると、すぐにaiが良い人と巡り会わせてくれる可能性もあるのです。また、出会いの場がなくて困っている人も気軽に婚活を始められる方法という点で魅力があります。まずはアプリ程度から始めてみて、良い人に巡り会いたいという気持ちが強くなったら結婚相談所などでもマッチングしてもらい、本格的に婚活を進めていくと良いでしょう。